CPD講習会情報一覧

【最新】令和2年度 建築士定期講習について

CPD単位:6
 
建築士事務所に所属する一級建築士、二級建築士又は木造建築士は、定期講習を3年毎に受講することが義務付けられています。
平成29年度に受講された方は、今年度が3年目になりますので年度内の受講が必須です。建築技術者を対象とした研修ですので、 CPD参加者以外の方でもご自由に受講できます。
 
 
第1期(定員110名)
日  程 :6月24日(水)
会  場 :とりぎん文化会館 第1会議室
会場コード:6A-01

締  切 :6月10日(水)
コロナ感染症予防の為中止決定
 
第2期(定員80名)
日  程 : 9 月17日 ( )
会  場 :倉吉未来中心 セミナールーム3
会場コード:6A - 02
締  切 :定員になり次第
 
第2期(定員80名)
日  程 :8月26日(水)
会  場 :とりぎん文化会館 第1会議室
会場コード:6A-03
締  切 :8月11日(火)
 
第3期(定員70名)
日  程 :11月4日 ( )
会  場 :米子コンベンションセンター
会場コード:6A-04
締  切 :10月23日(金)
 
第3期(定員80名)
日  程 :12月9日(水)
会  場 :とりぎん文化会館 第1会議室
会場コード:6A-05
締  切 :11月30日(月)

受付開始時間 9:00 ~
講習時間   9:20 ~ 17:30(予定)
 
※所定のテキスト(当日配付)による講義(5時間)、修了考査(1時間)
※講義を30分以上遅刻又は離席した場合は、受講済となりません。
※受講申込者が50名未満となった場合は、DVD講習となります。
 
■■■ご注意 ■■■
  • 申込受付は郵送、持参ともに先着順となっております。定員に達し次第受付を終了いたしますので、予めご了承ください。
  • 申込書は記入・貼付漏れのないようご注意ください。(自署欄への記入漏れ、振替払込受付証明書の貼付間違い、返信用封筒への切手貼付忘れが多くなっておりますので、今一度ご確認のうえご送付ください)

 
■■■申込方法■■■
以下のいずれかの方法でお申し込みください。

  1. 郵送申込   返信用封筒(84円切手貼付)同封の上、簡易書留でご送付ください。
  2. 事務局持参  記入済みの受講申込書をご持参ください。
           ・会場コード決定済の講習その場で受講票をお返しいたします。
           ・会場コード未定の講習返信用封筒(84円切手貼付)とともにお預かりいたします。
  3. Web申込   (公財)建築技術教育普及センターのHPよりお申し込みください。
           申込枠が定員に達し次第、受付を終了いたしますのでご了承ください。
           https://jaeictkosyu.jp/jaeicteikikosyu/

※受講申込書は、県庁住まいまちづくり課、東・中・西部総合事務所建築住宅課及び建築士会事務局、士会中・西部支部、建築士事務所協会で配布。
※受講申込書のダウンロードはこちら(公益財団法人 建築技術教育普及センター)
 https://bit.ly/2JZtgXS

令和2年度 建築・建築設備工事主体の『監理技術者講習』

CPD単位:6
 
 1級建築施工管理技士、 1級電気施工管理技士、 1級管工事施工管理技士、一級建築士等の施工業務に携わられる技術者の方々に必須の講習(建設業法、建築基準法及び関連法令の改正内容、建築物の耐震、耐火の防災技術、最新の工法・材料等)です。
 また、設計監理業務の方々にも、施工について実践的な内容を学ぶことができますので受講をお勧めいたします。
 本講習は土木、造園、建設機械施工管理技士等全ての受講者に講習修了履歴ラベルが交付されますので、他分野の方も受講してください。
 テキストは、全編カラーページでイラスト・写真をふんだんに使用しており、受講後 5年間はマイページから常に最新版をダウンロードできます。
 
1.主  催

(公社)日本建築士会連合会【登録講習機関登録番号第12号】

2.協  力

(一社)鳥取県建築士会

3.日  程

5月13日(水)、  7月15日(水)

9月  9日(水)、11月11日(水)

2021年1月20日(水)、3月10日(水)

4.時  間

9:30~17:30 (受付9:15~)

5.場  所

鳥取県建築技能会館(湯梨浜町はわい長瀬602-7)

6.締  切

受講日の7日前まで

7.申込方法

WEBまたは郵送にてお申込みください。

【日本建築士会連合会 監理技術者講習HP】

 https://bit.ly/2H1SiPt

 ※受講手数料等の詳細は上記HPにてご確認ください。

8.問合せ

(公社)日本建築士会連合会「監理技術者講習本部」

〒108-0014 東京都港区芝5-26-20

TEL 03-3456-2061

メール kanri@kenchikushikai.or.jp

 
※鳥取県建築士会事務局では申込を受け付けておりませんのでご注意ください。
※受講申込書一式(申込書、返信用封筒、振込用紙)は事務局にもご準備しております。
 

CPD制度

建築士会CPD制度に関するご案内

2018年11月13日(火)

いつもお世話になっております。
建築士会CPD制度に関しまして、下記をご確認いただいた上でお申込みくださいますようお願いいたします。
 
1⃣建築士会CPD制度へ参加の方および
  手帳からカードへの切替の方はこちらLinkIcon★CPD参加登録申込書.pdf
 ※CPD制度の概要、登録の流れ、参加費等の詳細はこちらをご確認ください。
 ※新規のお申し込みについては建築士会へ同時にご入会いただきますと、初期費用が無料になります。
 ※CPD制度へ参加登録済みで現在CPD手帳をお持ちの方は、カード型への移行申請が必要となりますので
  ご注意ください。(移行申請をしないと、取得単位が正常に反映されない場合がございます)
 ⇒カード型への移行手数料として会員1,000円、会員外7,000円のご負担をお願いしております。
  (移行年度のデータ管理料含む)
 
CPDカードの再発行、登録内容の変更について
<再発行>
「建築士会CPD参加登録申込書」に氏名・生年月日・資格を記入の上、再発行手数料(会員1,000円、会員外2,000)を添えて事務局へご提出ください。
FAX等で提出される場合は、申込書と振込受付書(本人控)を一緒にご送付ください)
<登録内容変更>
「建築士会CPD参加登録申込書」に氏名・生年月日・資格・変更したい箇所を記入の上、事務局へご提出ください。
 (CPDカードの記載内容を変更する場合は、別途カード再発行手数料が必要です)
 
2⃣ CPD実績証明書の発行依頼はこちら
 →LinkIcon建築士会継続能力開発(CPD)実績証明書について(願い).pdf
 ※発行依頼をする際の注意、記入例はこちらをご確認ください。
 ※証明書の発行には建築士会CPD制度への参加が必要です。
 ※現時点での取得単位数の確認は、CPD制度参加者用ログインページからご確認ください。
 HPはこちら(公社)日本建築士会連合会CPD制度
 

<証明書発行の流れ>
 ①(依頼者→事務局)「建築士会継続能力開発CPD実績証明書について(願い)」に
   必要事項を記入の上、建築士会事務局へメールまたはFAXにて申請
 ②(事務局)申込書記載の通りに発行手続き(要決裁、所要日数2日~5日)
 ③(事務局→依頼者)発行完了後、手渡し又は郵送にて交付

 <証明書発行費・送料>
  会員 500円/1通  会員外 2,000円/1
  送料 (送付方法 ):下記のいずれかをお選びください。
   ◎メール便  1宛先につき 100
   ◎着払い便 住所により異なります。受取の際にお支払いください。
   ※メール便は 2日~ 1週間程度、着払い便は 12日程度かかります。
    (交通状況等によって前後することがあります。)
 
 
3⃣ 建築士会へのご入会希望の方はこちらLinkIcon★鳥取県建築士会入会申込書.pdf
 
 
4⃣【講習会主催者様へ】 CPD プログラム認定申請方法について
 講習会や見学会等を「 CPD認定プログラム」に登録申請する際は、下記をご確認いただいた上でお申込みをお願い
 いたします。
 
<CPDプログラム認定 手続きの流れ>  
   ①(主催者→事務局)認定を希望する講習会や研修の概要(チラシ等)を提出
                 ↓(内容が適正であれば受理)
   ②鳥取県建築CPD評議会の審査(所要日数2~4日)
                 ↓(認定)
   ③(事務局→主催者)「CPD認定研修出席者名簿」の様式をご担当者へ送付(Eメール)
                 ↓講習会終了
   ④(主催者→事務局)「CPD認定研修出席者名簿」の提出

 * 開催日時、会場、講習内容等が記載されたチラシや配布文書を添付のうえ、
  「LinkIcon建築士会CPD制度プログラム認定(企業内研修)申請書.pdf をご提出下さい。
  また、HPへの掲載を希望する場合は申請とあわせてご依頼ください。
 *審査は一定数の申請が集まってから行いますので、上記所要日数よりもお時間をいただく場合がございます。
 *審査通過後、建築士会から名簿様式をEメールで送付いたしますので、ご担当者のEメールアドレスをお教えくだ
  さい。
 *講習会終了後は速やかに名簿のご提出をお願いいたします。(FAXまたはEメール)
<申請方法>
 講習会等の開催日1週間前までに、チラシや配布文書等を添付の上、「建築士会 CPD制度プログラム認定
 (企業内研修)申請書」を建築士会事務局へFAXまたはメールにてご送付ください。
  LinkIcon「建築士会CPD制度プログラム認定(企業内研修)申請書.pdf」
 <料 金>
 
プログラム審査費
  研修プログラム主催者(士会以外)から 5,000円
  の申請に基づく1プログラム(1開催分)
  当たりの審査料
プロバイダー登録費
  研修プログラム主催者が建築士会CPD 50,000円/年
  制度へプロバイダーとして登録する場合
  の費用(プログラム審査料は不要)

 ※鳥取県建築士会のいずれかの支部が共催の場合、審査費は無料となる場合があります。
 ※プロバイダー登録についての詳細は、鳥取県建築士会まで直接お問い合わせください。
<申請の際のご注意>
 ①準備時間・休憩時間・移動時間・考査時間・商品紹介は認定時間の対象外となりますのでご注意ください。
 ②内容によってはCPD対象講習として認められない場合もございます。
  主催者側で判断が難しい場合は、事前に建築士会事務局までご相談ください。
 
 
<CPD制度プロバイダー用ガイドライン>
(公社)日本建築士会連合会HP→http://www.kenchikushikai.or.jp/cpd-new/cpd-index.html
 
 
上記 124のお申込みは、事務局へ FAXまたはメールにてご送付をお願いいたします。
上記3については、原本のご送付をお願いいたします。
 
【送付先】
  (一社 )鳥取県建築士会 
  〒 680-0912 鳥取市商栄町 195番地
   TEL0857-21-7280  FAX0857-37-2024
   E-Mailinfo@aba-tori.or.jp
 
その他ご不明な点がございましたら、建築士会事務局までお問い合わせください。