青年・女性合同委員会

デザインコンペティション2019作品募集

2019年5月13日(月)

 
 この度、青年・女性合同委員会主催の「デザインコンペティション2019―地域特性を活かした空き家の利活用―」設計コンペを実施します。
 
 全国的な課題となりつつある空き家は、「空き家対策の推進に関する特別措置法」の成立により、平成27年度は大きく一歩を踏み出したかにみえました。しかし中国地方の空き家数は、55.65万戸(15.7%)で、鳥取県においても、3.59万戸(14.4%)で全国平均を上回っています。いずれの自治体においても空き家バンク等が存在するものの、自治体の人員不足もあり、あまり効果的に運用されていません。
 
 以上のことから、第4回目となる「学生デザインコンペティション2019」では、鳥取県内5市町(鳥取市・米子市・岩美町・八頭町・智頭町)の実在する空き家物件を対象に、その地域特性を活かした空き家の利活用の計画することを求めます。学生の斬新で、意欲あふれる作品の応募を期待するものです。
 
 
LinkIconデザインコンペティション2019.pdf
LinkIconエントリーシート.xlsx