青年・女性合同委員会

デザインコンペティション2021作品募集

2021年6月2日(水)

 
 予選作品の受付締切りを9月30日(木)としておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を考慮し、10月12日(火)に延長いたします。
 
 この度、(一社)鳥取県建築士会 青年・女性合同委員会主催の「学生デザインコンペティション2021―地域特性を活かした空き家の利活用―」設計コンペを実施します。
 昨年度はコロナウィルスの感染予防の関点からこの学生コンペを中止しましたが、2019に引き続きコロナ感染予防対策を徹底した上で、空き家の利活用をテーマとしたデザインコンペを実施いたします。
 全国的な課題となりつつある空き家は、「空き家対策の推進に関する特別措置法」が成立して、2015年度は大きく一歩を踏み出したかにみえました。しかし鳥取県においても、2018256,900戸の住宅総数で、空き家数は39,400戸、空き家率15.3%で、空き家率が0.9%増加しています。今後も増加が予想される空き家の有効活用を図るヒントになるようなすばらしい活用例の作品を求めます。いずれの自治体においても空き家バンク等が存在するものの、自治体の人員不足もあり、あまり効果的に運用されていません。
 
 以上のことから、今回の「学生デザインコンペティション2021」では、鳥取県内4市(鳥取市・米子市・倉吉市・境港市)の実在する空き家物件を対象に、その地域特性の利活用の計画を盛込み、学生の斬新で、意欲あふれる作品の応募を期待するものです。
 
 
Word LinkIconデザインコンペティション2021募集要項.docx
Excel LinkIconエントリーシート.xlsx
PDF LinkIcon質疑応答書.pdf